マレーシア妊娠出産

マレーシアで出産!パンタイホスピタルでの出産体験記【2020年1月】

こんにちは!Joanです。

2020年1月末、マレーシアのパンタイホスピタルにて第2子を出産しました。

Joan
Joan
今回も第1子出産の時と同じ病院、同じドクターにお世話になりました。

今回は妊娠38週での予定帝王切開でしたが、前回(2017年)の緊急帝王切開での出産とは事前準備も費用もかなり違いました。

これからマレーシアで出産される方の参考になれば幸いです。

パンタイホスピタルでの入院生活

本当であれば、妊娠39週での帝王切開を予定していましたが、37週には妊娠高血圧症候群の疑いがあり、38週の検診後そのまま入院することになりました。

入院が決まった日(38週1日)の妊婦検診の内容はこちら▼

くまのぬいぐるみ
【マレーシア】パンタイホスピタルでの妊婦検診|38週1日の検診内容と費用こんにちは!Joanです。 これが人生最後であろう妊娠期間も残りわずか、38週に突入です。 前回の検診では妊娠高血圧症候群の...

入院1日目

午前の検診後、入院・手術に関するApproval letter(クリニックからの紹介レター)を受け取り、病棟があるフロアへ。

Admission counter(入院受付カウンター)にて入院に関する書類いくつかにサインをし、部屋の希望(個室or相部屋など)を伝え、デポジットRM12000を支払い手続き完了。

Joan
Joan
1日目は2ベッドの相部屋しか空きがなかったけど、貸し切り状態でずっとひとりだった!

15:00 入院してすぐNST(CTG)と血圧測定があり、どちらも全く問題なし。

病棟のスタッフから身長、体重、出産予定日、前回の出産について、飲んでいる薬やサプリ、ドクターからの特別な指示があるか、最後の排便はいつかなどインタビューを受けました。

そして、手術後に血栓予防のソックスが必要とのことで、太ももから足首までのサイズを計測。(息子を出産した時はそんなのなかった!)

「着圧ソックスなら持ってるよ!医療用じゃないけど」とメディキュットを見せると、「あら、これいいじゃない。ドクターに見せてみるわ〜」と、これで対応することに。

そして、翌朝8:00の手術に備えてルート確保。

Joan
Joan
手の甲に針を刺すのが地味に痛かった!

夕方には麻酔科ドクターから麻酔についての説明がありました。

麻酔科Dr.
麻酔科Dr.
明日の朝7時には麻酔を入れるから、夜12:00以降は飲食禁止ね。それまでに好きなもの食べておいて。

22:00 再びNST(CTG)で赤ちゃんの様子を確認。

この日は管理入院ということで、深夜にも数時間おきにスタッフが血圧計測に来てくれましたが、ずっと正常値でした。

入院2日目(出産日)

5:00 血圧測定、赤ちゃんの心拍確認、浣腸→シャワー。

6:00 出産前最後のNST(CTG)を開始。

Joan
Joan
2時間後に帝王切開を控え、胎動を感じるのはこれで最後だと思うとさみしくて、なんだか複雑だったな〜

6:30 手術室のあるフロアへ移動。

「赤ちゃんが生まれたら写真を撮りたいから、iphone持ってていい?」と聞くと「can can!」とのこと。(本当は持ち込み禁止だったらしい)

Joan
Joan
息子の送迎があったので夫は立ち会えなかったけど、麻酔科のドクターがたくさん写真を撮ってくれました!

7:00 麻酔開始の予定が、麻酔科のドクターが来なくて1時間ほど待機。

8:00 Dr.Kiren(主治医)とアシスタントの産科ドクターが登場。「〇〇〇(息子)の時もアシスタントは同じドクターだったのよ。麻酔科のドクターはあと10分くらいで来るからちょっと待ってね!」

そして麻酔科のドクターが到着し、硬膜外麻酔の処置が始まりました。

Joan
Joan
前回は陣痛の真っ只中で麻酔の痛みなんて感じなかったけど、硬膜外麻酔ってけっこう痛い…というか不快。触れちゃいけないところに針が入っていく感じで、すっごい気持ち悪かった!

その後すぐに手術室に移動して、いよいよ手術開始です。

ドキドキドキドキ…

ドクター
ドクター
それじゃ始めましょうか。すぐベビーに会えるわよ!楽しみね〜
Joan
Joan
ちょっと待って!まだ感覚が残ってますけど!今何か触れたの感じたんですけど!
ドクター
ドクター
え?もう切ってるけど痛い?
Joan
Joan
いや、痛くないです…

そんな話をしている横で、麻酔科ドクターが「Big smile!」と言いながら私の写真をバシバシ撮っておりました。いや、私の写真はいいんだけどな…笑

手術中そんなことして遊んでいる間に(遊んでたわけじゃないけど)ドクターから「もうベビーでるよ!」と…

8:34 娘が無事に誕生しました!

Joan
Joan
元気な産声を聞いて感動!娘の誕生に関わってくれたみなさん、本当にありがとう!

手術も無事に終え、1時間ほどのダウンタイムのあと病室へ。(この日からはシングルルーム利用)

午後になってドクターの診察があり、おやつにクラッカーとミロ、夕飯におかゆの許可が出ました。

おかゆボリュームたっぷりの味付きおかゆ↑

Joan
Joan
新生児室で赤ちゃんを預かってくれるからゆっくりごはんが食べられる!

ちょっと疲れて眠い時や夜間など、いつでも新生児室で預かってくれるので本当に助かりました。(授乳のため3時間おきに病室まで連れてきてくれるシステム)

入院3日目

朝6:00 硬膜外麻酔と点滴をはずしにスタッフがやって来ました。

Joan
Joan
息子を出産した時は、術後3日ほど麻酔入れっぱなしでけっこう楽だったけど、今回はツラかった!

8:30 ドクターの診察。順調に回復しているので、もう普通食でもOKとのこと。

9:00 スタッフに付き添ってもらいながらトイレに行く。傷口が激痛!内臓もじわじわ痛い!

10:30 専門スタッフによる母乳指導。「何人目のベビー?前回は完母?いつまで母乳あげてたの?2人目だから大丈夫そうね!」など話しつつ軽くレクチャーを受けました。

Joan
Joan
3年前の母乳指導の人、高圧的ですっごい苦手だったんだよな。今回はいい人でよかった!

14:00 娘、BCGの予防接種。あとが残る可能性や注射する場所などの説明がありました。(マレーシアでは通常、左腕に接種。希望であれば右腕でも可、太ももやお尻への接種は不可とのことでした。)

マレーシアでの赤ちゃんの予防接種についてはこちら▼

カレンダー
【マレーシア】乳幼児の予防接種|ワクチンの種類とスケジュールこんにちは!Joanです。 赤ちゃんが誕生したら間もなく始まる予防接種。 日本だと生後2ヶ月からワクチンデビューしますよね。...
Joan
Joan
そしてこの日、麻酔が完全に切れたあとずーっと痛かった!傷口はもちろん、後陣痛がハンパじゃない!(後陣痛は2人目以降のほうがひどいらしい)

特に授乳中は内臓が押し出されるような…子宮をえぐられるような痛み!

とにかく痛くて、冷や汗ダラダラかきながら、痛み止めの薬をもらって過ごしました。

入院4日目

痛みのピークは超えた感じ。

7:30 朝食のフライドマカロニ。(子どもが好きそうな味)

朝食

12:00 昼食はチキンのボロネーゼ

パスタ

13:30 ドクターの診察。シャワーの許可が出たので、防水タイプの絆創膏を貼ってもらい久しぶりのシャワーへ。翌日の退院許可も出ました。

15:00 病院で出るとは思えないおやつ(自分で買ってきたわけじゃないよ)

おやつ

18:00 夕飯はチキンカレー(意外とおいしかった)

カレーという感じで、入院最終日はごはんの写真を撮るほど余裕がありました。

Joan
Joan
帝王切開後の痛みのピークは2日って本当だな!3日目はグンと楽になる!

退院日

7:45 朝食はナシゴレンカンポン(これも見た目イマイチだけど意外とおいしい)

ナシゴレンカンポン

9:00 娘、血液検査→問題なく退院の許可が出る。

11:00 夫と息子が迎えにきて、Admission Counterで(入院受付カウンター)残金を払ってきてもらう。

その後、スタッフからBirth Certificate(出生証明)の申請について説明があり、ボディーソープやおむつのサンプルなど、おみやげをもらいました。

マレーシアでの出生手続きについてはこちら▼

プトラモスク
【マレーシア】出生証明書(Birth Certificate)と出生届の提出方法こんにちは。Joanです。 赤ちゃんが生まれて、まず最初の手続きが出生届の提出ですね。 日本だと生まれて14日以内に役所に提...

病院でもらったおみやげ↓

おみやげおむつ、おしりふき、ボディーソープ、ボディーローション、ワセリン、へその緒の消毒、ナプキン、バウチャー、スタイなど。

Joan
Joan
娘が生まれた時に被っていた帽子もプレゼントかと思っていたら、しっかりお金とられてた…しかもRM58も!

パンタイホスピタルのアメニティグッズ

3年前より充実していたアメニティグッズ↓

アメニティー

中身は以下のとおりです。

  • バスタオル:ペラペラかつ毛羽立ちがすごくて使いものにならない
  • フェイスタオル:同上
  • 歯ブラシ
  • 歯磨き粉
  • 歯磨き用コップ
  • シャンプー:髪がパサパサになる
  • ボディーソープ:ふつう
  • ボディーローション

ということで、病院でもらうアメニティーは使いものになりませんでした!

入院時には、身の回りのものを持参しましょう。

入院時の持ちもの

実際に必要だったものです。

  • 両親のパスポート
  • デポジット(3年前より若干上がって普通分娩はRM6000、帝王切開はRM12000)
  • タオル
  • 着圧ソックス
  • 歯ブラシセット
  • おふろセット
  • ドライヤー
  • 化粧品
  • ティッシュ
  • ナプキン
  • 下着
  • パジャマ
  • 部屋用のサンダル
  • 退院時に着る服(自分と赤ちゃんの分)
  • おむつ&おしりふき
  • 赤ちゃんのつめ切り
  • 赤ちゃんのおくるみ

入院時の持ちものについてはこちらの記事も参考にどうぞ▼

ベビーグッズ
マレーシアのベビー用品&日本で買うべき出産関連グッズ【海外出産】こんにちは!Joanです。 マレーシアで出産となると、ベビー用品がちゃんと揃うのかと心配されますが全然大丈夫です! ...

パンタイホスピタル入院・出産にかかった費用

今回は、4泊の入院で初日のみ2ベッドルームの相部屋、2日目からはシングルルームを使いました。

また、夜間・祝日の割増もない平日昼間の予定帝王切開、娘の特別な治療等(黄疸など)もなしで合計RM18523(母→RM15503、娘→RM3020)でした。

Joan
Joan
息子の時は無痛分娩からの緊急帝王切開、黄疸治療でRM22000ちょっとかかったよ!

前回(2017年)の出産体験記はこちら▼

ハート型の木
【マレーシア】パンタイホスピタルでの出産体験記|病院探し〜出産費用までこんにちは。Joanです。 3年前、妊娠5ヶ月でマレーシアに来た時は、妊娠・出産関連の情報が少なくて病院やドクターを選ぶにも一苦労...

おわりに

長いようであっという間だった10か月を経て、無事にかわいい娘を抱くことができました。

Joan
Joan
まさかマレーシアで2度も出産を経験するとは思ってなかったな!

これからマレーシアで出産される方や病院やドクターを探す方は、Suniさんのエントリがとても参考になると思うのでぜひチェックしてみてください。

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございます。

それではまた!

ランキングに参加しています。応援していただけると励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

ありがとうございます!